色彩理論について

デザインしとって、配色でよー悩むので改めて色について理解を深めようと思ったねんけど、
基本的なことも結構抜けてることあったから1から勉強し直します。

備忘録です

今回は第一回

基礎知識

色って言うのは光の波長の違いで認識できて、
赤→橙→黄→緑→青→紫 みたいな順番で変化してるみたいです。虹をイメージしています

色には三原則ってのがあって、
色相・明度・彩度 このみっつが三原則です。

これを押さえとくだけで、色使いに革命が起こるらしいです。
それぞれ説明していきます。

色相

超簡単に言うと「色」ですね。
普段目にしてる色のことです。

色についてなにかを語るときは色相を基準に話します。
なので、色を理解する上で一番大事なポイントっちゅう訳です。
下の図は色相環って言います。


色を勉強する上ではかならず必要な知識になります。

この色相環つかって、「暖色・寒色」と「類似色・補色」について説明していきます。

暖色・寒色 について

暖色は、暖かいイメージを与える色です。そのままです。
具体的には赤とかオレンジとか黄色のことですね。

寒色はその逆で、冷たいイメージのある色です。要するに青っぽい色のことですね。

じゃあ緑と紫はなんやねんって話しになるんですが、「中性色」といいます。
また、色についての印象については別で記事にします。

補色・類似色について

補色は色相環の反対にある色。
赤⇔緑 のことです。

補色の関係にある2色はコントラストが強く反映されるから強調したいときとかに使うと効果的です。
ボタンとかCTAのセクションでよく使われてますね

明度

色の三原則の2つめは明度です。

色の明るさを表す言葉で、赤のなかでも明るい赤色やったり、暗かったりする、アレです。
明度が高いと白っぽい色になるし、明度が低いと黒っぽい色になります。

インスタグラマーのみんななら、とった写真の明るさを変えたりしてると思いますが、僕のなかではあんなイメージです。知らんけど。

彩度

最後の原則は、彩度です。

色の鮮やかさのことを言います。原色混じりけのない色が使用されますが、そういうものを彩度が高いって表現します。
鮮やかな色は生き生きとした印象を与える効果があったりするから、イベントとか子供向けのデザインとかでよく見たりしますね。

まとめ

今回は三原則の基本的な部分について書きました。
正直いろんなツールとか使えば曖昧な理解でも配色に困ることはないかもしれないけど、デザインナーとして、なんでその色を使用したのか説明できないとダメですよね。

まずは難しいテクニックより基本をマスターしていこうと思います。

配色の際にどういったことに気を付けるべきかは、またかこうと思います。

ほなねー